忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
斎藤芳盛
2017/06. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
[16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



僕の父はこだわりを持っている。朝は早くに出る事が多いので朝食は家族別々になることが多いが、夜食は家族で必ず食べるという事を今まで守ってきた。会社の従業員やお得意先の社長などと、週に5日は飲みに行くのだが、必ず家に戻ってきて家族と食事をすることは怠らない。井ノ口市の歓楽街、柳ヶ瀬へ繰り出し、夜遅くまで飲んでいるにもかかわらず、朝、寝坊したことは一度もない。父の尊敬するところでもある。

父の趣味は酒のコレクションだ。洋酒や焼酎、日本酒など、高価な酒が我が家に900以上ある。しかし、開封はされていない。あくまでコレクションであって、飲むための物ではないらしい。会社の従業員が家に来た時など、酔った勢いでコレクションに手を付けようとすると、父は焦った表情で「ダメ、ダメ!!」と酒を取ろうとする手を制するのであった。コレクションは父が器用に作った陳列棚に収められている。洋酒、焼酎、日本酒と三つの棚に別けられており、こだわりの程が知れる。僕の切手収集も父のこんな一面が少なからず影響しているのかもしれない。

父は時々、烈火のごとく怒るときがある。一番は食事の事について。農家で育った父は、食べ物をつくる大変さや苦労を知っている。その為、食事をまずそうな食べ方をしたり、もちろんの事ながら残すような事があろうものなら父の怒りはマックスに達する。そんな時は鉄拳制裁が待っていた。父のヘビー級クラスの鉄拳が容赦なく僕の顔面を貫く!痛いという表現では納まらない。全てが砕けるという表現が適当だ。ときには、理由が分からないが殴られる時がある。父が日頃「男は強くあれ!!」と繰り返し言っていることから、僕の態度が女々しかったりするのだと推察する。

僕が高校1年の春、ある出来事が起きた。父親の殺気を感じ、鉄拳制裁の予感!予想どうり、父は拳をくりだした。ところが、父のナックルパンチがスローモーションに見え、起動がくっきりと見えたのだ。すかさず僕はパンチをよけた!おそらく、十数年パンチを受けてきた僕に何かが備わったのだろう。父は一瞬唖然とした顔をしたが、マックスだった父の怒りがパンチをよけた事により、マックスからマックスを越えるスーパーマックスへと至らしめてしまった・・・

一瞬間が開き、「この野郎ぉ~~っ!!!」という父の怒声が我が家を襲った。その後、一発受ければよかったパンチを僕は十数発も受けるはめになる。それからというもの、父のパンチを素直に受けることを心がけた。その方が懸命だと判断したからだ。しかし、十数年もただ父のハンマーパンチを受けてきたわけではない。あのパンチをまともに受ければ失神KOは必至。僕は時を経て、パンチを受ける直前に首をパンチの進行方向に振り、衝撃を逃がすという奥義を身につけていた。見た目はパンチの破壊力によって首がねじれているかのように見える為、父としてもこれ以上殴れないという制御本能が働き、一発のパンチで父の怒りは納まるのであった。

PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  • ブログ内検索
  • 最新コメント
[09/22 きょうこ]
  • メッセージ
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © 如月洋吉物語 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]