忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
斎藤芳盛
2017/06. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
[28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



僕には3つ歳の離れた妹がいる。名前は奈緒。兄が言うのもなんだが、いい妹だ。僕とは正反対だとも思う。気が強く兄である僕に対してもケンカを挑んでくる。口げんかを繰り返すものの、300戦以上無勝!つまり勝った事がない・・・。頭の回転が速く、何手も先をよんでいる。『妹に口げんかでは勝てない!』それを悟るのに17年の月日を費やしてしまったのだ。でも、内心では僕のことを心配してくれたり、気にかけてくれているようだ。妹に心配される兄の存在が良いものなのか?それは分からないが素直に嬉しく思っている。僕には、妹が完璧な人間のように見える。現在、中学2年生。成績は学年トップクラス、部活は陸上部に所属しており、走り高跳びの選手。人の面倒見もよくだれからも慕われる存在なのだ。中学1年生の中学総合体育大会の県予選では、1年生ながら県3位になり妹は今年の大会の活躍に注目されている。

小さい頃はよく一緒に遊んだ。二人で手を繋いで、兄らしく妹を守るように振舞っていたが、いつも妹に守られていたような気がする。妹の状況判断は年下ながら冷静で危ない場所に近づこうとすると、「お兄ちゃん!そこは地面が危ないから近づいちゃダメ!!」と言い、正しく僕を導いてくれた。なんとも情けない兄である。僕が小学校5年くらいの時でだっただろうか。妹は小学校2年生くらい。一緒に小学校で遊んでいると、中学生の不良3人組に絡まれたことがあった。その不良は何に腹を立てたのか分からないが、僕たちを生意気に思ったのだろう。

「おまえ何年や?」

と一人の不良が言った。僕は目を合わさないようにして、学年を言うともう一人の不良が、

「おまえちょっと調子にのっとるなぁ!!」

と言った。別に調子にはのっていなかったが、恐さのあまり、「は、はあ・・・。」と言うことしか出来ず、僕は反論できずにいた。すると妹が、何を言ってるか分からない程の高速スピードで中学生相手に激しく言葉をあびせた。『ww!!!○○××□▲www!!!』あまりの激しさに、体の大きな中学生3人が一歩退き体を引いた。すると、3人組の不良のリーダー格の一人がたどたどしく、「きょ、今日の、と、ところわぁwみのがしてやるはぁぁ」と言い、3人の不良たちは背中を丸め去っていった。僕は何より妹が恐かった・・・。すると妹がポツリと言った。「あぁ~恐かった・・・。」兄は妹の方が恐いぞ!っと思わず言いそうになったがやめておいた。妹と僕はいつも一緒だった。どんな時でも常に一緒にいたような気がする。僕にとって奈緒は自慢の妹なのだ。



PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
無題 by アメリカ
「口げんかでは勝てない」相手っているよねぇ。
ま、私の場合は旦那ですが・・・(;´▽`A``
URL 2007/06/08(Fri)02:45:01 EDIT TOP▲
◆寛の返筆記◆ >アメリカ by 斎藤芳盛
洋吉の妹は、「お兄ちゃんを守らなきゃ!」って思っていると思います。
洋吉も、「妹を守らなきゃ!」って思っているんですけど洋吉の場合は空回りしちゃうんですよねぇ

*:・Кдп・゚・:
2007/09/03 18:27 TOP▲
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  • ブログ内検索
  • 最新コメント
[09/22 きょうこ]
  • メッセージ
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © 如月洋吉物語 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]